毎月の複数のお支払、それ、まとめてみましょう!

おまとめローンランキング

まとめてしまえばいいのに

カードローンとは、個人が銀行や消費者金融といった金融機関と契約し、会員カードを使ってお金を借りる個人向けの貸付をいいます。
このカードローンの特徴といえば、無担保・保証人不要で借り入れができることでしょう。
また他の住宅ローンやマイカーローンと違い、このローンとは違い使途の目的を問いません。
そしてカードを使うことなくウェブ上で借り入れや返済手続ができるなど、便利になっています。
融資までのスピードも速く、申し込みをしたその日のうちに振り込みで借り入れしたお金を受け取ることができます。

このようにカードを使うことなく借り入れと返済ができ、返済はローンで行うためにカードローンという名称になっているのです。
しかし、無担保・保証人不要とはいえ総量規制という借り入れ額の制限があります。
ですから法律で年収の3分の1以上の借り入れはできないことになっています。
これは融資する側に罰則が科せられるため、総量規制以上の融資を行うところは闇金融とみていいでしょう。

さて次はおまとめローンの特徴についてですが、複数の金融機関からのローンを銀行の低金利のローンに借り換えて一本化することをおまとめローンといいます。
この名称については「生活支援ローン」や「借換ローン」など、金融機関によって様々ありますが、このようなおまとめローンに関しては使途フリーのカードローンより金利を低くしているのがほとんどで、状況によってはそれまでのローン契約よりも利息が安くなることがあります。
ですから借り換えをする時点で返済計画を立て直すことができるため、月々の負担や返済の総額を小さくすることが可能になるのです。
こうしてみてみると、おまとめローンとは複数のローンを抱える人たちにとっては良いと思われるかもしれませんが、金利が安くても返済が長期に渡るとそれだけ利息の総額は増えていきます。
ですから返済を速やかに行わなくてはならないという点に関しては他のローンと変わらないといえるでしょう。



なぜ複数の金融を利用するのか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ローンやキャッシングなど、世の中には非常に多くの金融や借入方法が存在します。では、なぜ複数の金融からお金を借りなければいけないのでしょうか?それには、非常に多くの要因がありますが、まずは一回借りればそれで終わりではないという点があるでしょう。人生の中で借入を必要とする機会は多々ありますし、その都度借り入れる額や条件が変わってきます。

また、借入ごとに用途が違いますので当然、借入条件も異なってくるわけです。例えば、自動車を購入するためのローンであるならば、高額な借入が必要になりますし、ショッピングや生活費程度のものであれば、さほど大きな額にはなりません。その都度、条件の良い金融から借入をしたり、その時に用意された金融を利用することで、どうしても複数の金融を利用することになってしまうのが現状なのです。

 

まとめてしまえばいいのに。。。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

生涯の中で一体どれだけの金融を利用するでしょうか?時期によっては、ショッピングローンにカードローン、自動車のローンに住宅ローンなど、複数の返済をしなければいけない場合もあります。借りた分だけ金融があり、条件もそれぞれ細かく異なってきます。ひと月の返済額も違えば、返済日も金利も違ってくるわけです。

例えば、1ヶ月たまたま銀行口座の残高不足で返済が滞ってしまったとして、複数の借入がある場合は、それぞれの金融で手続のしかたが変わってきますし、滞った分の手数料や金利のつき方も変わってくるでしょう。翌月に合算で引き落としの場合もあれば、自分から振り込まなければいけない場合もありますし、コンビニで支払う場合もあるでしょう。

複数の借入を一つにまとめる事ができれば、こんなに面倒な思いをすることはありませんよね?まとめることで、すべての条件が統一されて、とても楽になります。